20代から投資と運用で幸せを目指すブログだよ!

貧乏学生の経験から、幸せなお金持ちを目指す20代のサラリーマン。 金融とITの仕事を主にしてます。タコ焼きが大好きな関西人。猫に嫌われることが特技です。

【投資戦略会議】株式は堅調な動きなだし、金と債券は押し目買いのチャンスがきたんじゃね?

f:id:assets20:20171126004603p:plain

「株高復活」

 

ささちきんです。

年末年始はどの組織でも忙しくなる頃でしょうか。

交際費という名の出費に追われて、中々お金も貯まり辛くなりますね。

僕もそうです……。

 

組織の若手職員ですので、理不尽だなぁ……と思える業務が常に盛り盛りです。

「クソ……!!こんな会社辞めてやる……!!」と、何度思ったことか……。

 

でも、家に帰って冷静になってみると、

キャリアに無策のまま辞めて、フラフラ行き当たりばったりとなったところで、

結局やってきたこと全てが中途半端になるのだろうなぁ……と考えが行き着く次第。

 

自分が楽しいと思える、承認欲求を満たせる、そして現実性がある。

そんな生き方を模索中です。

嗚呼……そろそろ見つけたいな(∵)

市場の主要な株式指標

さて、先週の日本株式は日経平均23,000円の攻防直前にまで迫って終わりました。

月曜日からはこの分厚い壁を突破できるかどうかが勝負となりますね!!

 

以下に、日経225の主要な株式指標を抽出してグラフにしています。

国債等の低リスク運用も、僕のブログの趣旨なので、

配当利回りと日本国債利回りも載せています。

f:id:assets20:20171210140040p:plain

割安……割安……なのに買われない……!!

上値余地は十分にあるはず……。

 

さぁ、今までの20,000円天井のジンクスを打ち破り、

23,000円を軽々と突破、天井高くもっと昇ってくれ~~。

 

株式指数のチャート

・日経平均f:id:assets20:20171210140437g:plain

・マザーズ

f:id:assets20:20171210140526g:plain

・米国NYダウ

f:id:assets20:20171210140621g:plain

新興市場は完全に頭打ち。

一部市場の好調ぶりに追随し、天井に頭を打ち付ける作業の繰り返しですね。

米国株式については、12月6日~8日は完全に押し目でしたね……。

 

米国税制改革が無事に進みそうなので、

まだ株式全体の上値余地は残ってそうです。

買うぜ~超買うぜ~\\└('ω')┘//

 

ゴールド先物(COMEX)と国債年利回り

・ゴールド先物(COMEX)

f:id:assets20:20171210141133g:plain

・日本国債10年の年利回り

f:id:assets20:20171210141144g:plain

・米国国債30年の年利回り

f:id:assets20:20171210141307g:plain

金は反落、債券利回りは上昇……!!

貴金属、債券ファンド積み立て投資をしているのであれば、

買いのタイミングですね~。

僕も3か月分ほど貯まってた貴金属積み立て用資金を取り出して、

早速、金、銀とプラチナを買い増し~。

 

あと、以前から気になっていた債券アクティブファンドも購入してみました。

株式や仮想通貨ほど大きな収益は期待できませんけど、

日本債券クラスは、ほぼ日本円クラスといっても過言ではないので、

金利の高い普通預金という感覚です。

assets20.hatenablog.com

 

来週も引き続き株高基調が続く見通しです。

FOMCの確実視される利上げ、中東情勢リスク上昇による原油高を受けた米国株高、

そして良好な結果が予想される日銀短観……。

 

金の一層の反落、債券利回りの上昇も考えられるので、

場合によっては、さらに買い増すかもです。

 

資産運用のアセットアロケーションに、市場価格の影響を受けない商品を入れよう!

f:id:assets20:20171210152354j:plain

アセットアロケーション(資産配分) とは、リスク許容度、目標金額と時間軸に応じて、

ポートフォリオ内の各資産割合を調整することで、

リスクとリターンのバランスを取ろうとする投資戦略のことです。

 

中長期投資の場合、アセットアロケーションの考えは非常に重要です。

一般的には国内、先進国と新興国に対する株式、債券、REITおよび現金を考えます。

加えて金現物も組み入れて暴落に対する備えも行う場合もあります。

 

大事なのは、各商品における値動きの相関性が一致し過ぎないこと。

 

例えば株式特化のポートフォリオの場合、金融危機による市場混乱時は、

手持ちの資産の価値はただ右肩下がりに落ちるだけです。

しかし、株式に対して逆相関の値動きをする、

国内債券や金現物に投資をしていれば、

株式の大暴落時でも値上がり益が期待できる訳です。

(株式の値動きに対する緩衝材としての役割も……。)

 

値上がりしたところで処分してお金に換え、

安くなった株式を大量に仕込むことができるのです。

 

さて、アセットアロケーションは通常、

上記8資産と金および現金で構成されるのが一般的でした。

 

中長期投資において、ポートフォリオ構成上で大事なことは、

値動きの相関性が一方向に一致しないこと

ということは、市場価格で取引されない資産を保有するというのも、

非常に効果的な手段となるのではないでしょうか。

 

ここでオススメするのが、投資型クラウドファンディングです。

この多くは、ソーシャルレンディングのことを指します。

 

僕の場合ですと、投資用口座全体で30%前後を目安にしてます。

そして、償還タイミングが分散されるように、案件の分散も実施

 

同じタイミングで、まとまって返還されないようにしています。

 

もし償還されたタイミングで、株式が割安であれば資金をシフトしますし、

そうでなければ引き続き、時間分散での案件投資を実施します。

 

ソーシャルレンディング自体にはデフォルトリスクがあるにしろ、

市場価格の影響を受けないので、

株式、債券や金現物との値動きの相関性がありません。

しかも、安定的に年率6~7%を投資家へ与えてくれますしね。

 

もし、まとまった資金があれば、コスモイニシア等の不動産共同出資や、

またはゼック等の分譲ファンドも手かと思います。

管理も自身でしたいのであれば、不動産や太陽光発電への直接投資もありますね!

 

資産運用は長期戦であるということをふまえて、

自分の納得できる投資先を選択し、どんどんお金を増やしていきましょう~!

☆☆ まとめ ☆☆

新アセットアロケーション

 

【利用中のソーシャルレンディング( 'ω' )

【利用中のロボット投資サービス( 'ω' )