20代から投資と運用で幸せを目指すブログ

貧乏学生の経験から、幸せなお金持ちを目指す20代のサラリーマン。 金融とITの仕事を主にしてます。タコ焼きが大好きな関西人。猫に嫌われることが特技です。

連休前の国内株式で仕込んだ銘柄について

昨日の続き。

 

巨人の肩へ乗るために、

4月24日~26日での市場の動きを観察しつつ、

とある2つの銘柄に着目し、国内株式用の投資資金の3/4を使い仕込みました。

 

・日本M&Aセンター(2127)

日本ライフライン(7575)

 

特に決め手となった投資理由は、以下の3つです。

 

  • 全体的な相場に地政学リスクが織り込まれた状態となっていたこと

株価が下がる材料はほとんど出尽くしていた

  • 個別銘柄では4月28日の決算に向けた株価が緩やかな上昇トレンドとなっていた。

業績によっては一時的な急高騰が期待できた

  • 本決算かつ、第3四半期決算から必ず業績予想はクリア可能が明らかであり、加えて暫くは買い材料となる情報が出ていなかったこと

株価の急落材料が少なかった、かつサプライズが期待できた

 

 

結果はどうでしょうか。

 

・日本M&Aセンター(2127)

連結経常利益予想80億円を上回り90億円

平均取得単価 3,730 → 平均売買単価 3,810(+80)

日本ライフライン(7575)

予想をはるかに上回り、当期利益が前期より+121.6%と超好業績

平均取得単価 2,225 → 平均売買単価 2,800(+575)

5月1日にはストップ高、5月2日にチャートに上ヒゲ陽線が表れたため、売却

 

日本ライフラインについては、

自身の予想をはるかに上回り、株価が上昇しました。

 

買うタイミングとしては調整による押し目でもなかったので、

少し投機的な側面もありましたけど、最高の結果を得ることができました。

 

そして、今回得られた資金を用いて、

5月10日~12日決算銘柄へと仕込みを始めました。

 

銘柄選定はしっかりと行っておりますが、やはり結果は分かりません。

 

 

相場の全体感を眺めつつ、企業努力による好業績を期待・予想し、

銘柄を選定しつつも、巨人の動きを考えた資金の動きを操ることが

投資家としての実力であると考え、引き続き資産形成へ励んでいきます。