20代から投資と運用で幸せを目指すブログ

貧乏学生の経験から、幸せなお金持ちを目指す20代のサラリーマン。 金融とITの仕事を主にしてます。タコ焼きが大好きな関西人。猫に嫌われることが特技です。

健康投資への第一歩は、何事に対しても頑張らないこと

f:id:assets20:20170626232610j:plain

(頑張りすぎても、いいことないよ。)

 

発表、テストや会議の直前、またはその際、

お腹が痛くなったり、お手洗いに行きたくなったりしませんか?

それは、過敏性腸症候群という病気です。

 

www.iiharaiin.com

 

大丈夫、みんな結構悩んでいます

僕もその一人で、現役の過敏性腸症候群の患者です。(笑)

精神的にも苦痛で、本気で通院しようかと思っております

 

 

そもそも僕が、この病気にかかってしまったのは、ストレスが原因です。

 

それは、これまでストレス社会の中、自分に鞭を打って、

ストイックに頑張りすぎたせいだと思っています。

 

憧れの人に近づきたいとか、社会的に成功したいとか。

 

そういう野望みたいなものを持ち合わせ

意識高い系の大学生の如く、貪欲に自分への投資(笑)をしてきました。

ときにはちょっと背伸びもして、努力をし続けてきました

 

そんな感じに努力を重ねてきたので、少しは成果を得ることはできました。

なので、ある程度は競争社会を勝ち抜くことができたと思います。

 

でも、競争が発生する社会って、勉強、スポーツやビジネスも全てそうなんですが、

頑張って上位を目指すほど、争いが激化していくんですよね。

つまり、上を目指せば目指すほど、凄まじいストレスを感じるようになる。

 

 

最初から、身の丈に合わずに、無理して頑張っていた側面があったので、

結果、自分の心に身体が追い付かなくなったのでしょうね。

ストレスに適応できなくなり、健康を崩してしまったのです。

 

 

今も、発表や会議の場がいつも怖いと、感じています。

ちょっと汚いですが、便意を感じながら、まともな議論なんてできないでしょ。(笑)

 

 f:id:assets20:20170628014942j:plain

(ストレス社会の闇だよ……。) 

 

ストレスって、大なり小なり蓄積するんだと思います。

 

蓄積して、身体が耐えられなくなったら、病気が顕在化する。

 

大変な場面を無理して乗り切ったところで、

そこで浴びたストレスは小さくも、積もり積もっていくんです。

生きるためには、ストレスゼロ、なんてのは不可能だとは思いますが、

頑張りすぎて大きなストレスを積み上げ、

貯め込んで、そして病気になるくらいなら、

初めから頑張らない、という手段も重要なのではないかな、と思います。

 

 

頑張ってお金を稼ぐことも、生きる上で必要なことだと思います。

お金を稼ぐためには時には無理をしなければいけないのも、重々承知してます。

 

でも、お金よりよっぽど大事なのは、健康ではないでしょうか。

健康があってこそのお金なんですよ……。

 

 

今日、会社にて発表直前で急激にお腹が痛くなり、

トイレに駆け込んだ僕が、積極的に提案させていただきます。

 

 

まとめ

 

【作戦】いのちをだいじに