20代から投資と運用で幸せを目指すブログ

貧乏学生の経験から、お金持ちを目指す20代サラリーマン。 金融とITのお仕事してます。投資、資産運用、貯金・節約を中心に、役立ちコラムを発信します。

ゆとりの僕が、ゆとりの友達へ、なぜ投資を行わないのか聞いてみた

f:id:assets20:20170602021827j:plain

当たり前ですが、同世代で資産運用へ真剣に取り組んでいる人は殆ど居ません。

 

普通の感覚からすると僕はとても変人ですし、

逆に僕からすると投資を語れる変人が居なくて、

日々つまんないなぁ、と感じる次第です。

 

ところで日本証券業協会による、

個人投資家の証券投資に関する意識調査、

という資料によると、

証券取引を行っている年齢層のうち

20代および30代の割合は、たったの8%ということです。

平成25年度の資料になると20代では1.1%30代では7.6%でした。

 

僕もあまりにもリアルが寂しいので、周囲を誘ってみたんですよね。

そこで返ってきた答えはというと、

 

株って博打だよね?俺は博打しないからいいわ。

お金ないからいいわ。

勉強しないといけないんでしょ?面倒だしいい。

 

・・・、こんな感じ。

 

株式投資は博打じゃないです。

基本的に株価は会社の業績に沿って上昇する性質があり、

ビジネスモデルが優れて持続的に成長する会社へ投資することで、

必ずリターンを得ることが可能です。

(入口の時点で高値掴みをしなければ、ね。)

 

それに、お金がないから投資を始めないのでしょうか???

お金でお金を増やすために、投資はするのですが・・・。

 

最後に、株式会社の組織員として給料をいただいているのに、

投資経済の勉強を嫌がることは、何かおかしくないですかね。

四季報を理解できない、相場観を読めない、

会社の能力、会社の将来性、未来を想像できない。

知らないことの方が怖いと思いますけど。

 

資産のポートフォリオが現預金と保険だけだなんて、

お金をころしていることと同義だと思います。

所謂、生活防衛資金、というものだけ残してお金は働かせるべきかなぁ、と。

 

働けば収入が途絶えることはないのですし。