20代から投資と運用で幸せを目指すブログ

貧乏学生の経験から、お金持ちを目指す20代サラリーマン。 金融とITのお仕事してます。投資、資産運用、貯金・節約を中心に、役立ちコラムを発信します。

投機家と議決権!個人は議決権を行使する必要ってあるの?

f:id:assets20:20170705025432j:plain

(費用をかけて郵送してくれているのだし、できれば返してあげたい。)

 

権利確定日まで単元以上の株式を持っていると、

配当株主優待を貰えて、すっごく嬉しい気分になります。

加えて、株主が得られる権利の主たるものには、株主総会議決権がありますよね。

そもそも、株式会社の所有者って、設立者でも経営者でもなく

本来的には株主みんなの物です。

だから、株主の利益を最大化してくれるような、

会社を育ててくれるような役員を、

議決権を使って選ぶんですよね。

 

 

でも、特に個人の投機家であれば、会社の行く末云々より

目先の売買差益が目的なので、

5月~6月に会社から議決権と株主総会案内が送られてきたとしても、

シュレッダーに入れている方が多いのかと思います。

一方、機関の投機家であれば、株価上昇を目的とした内容を提案します。

例えば内部に留保されている資金を、

増配という形で株主に還元して株価を上げろ、という指示だったり。

 

なお議決権が行使されない場合、議決に関する事項に賛成とされます。

この議決権が一定以上ないと株主総会を開くことができないので、

会社としては極力、送ってきてほしいそうです。

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

結構、株主総会を運営する側にとっては、議決権行使書が
一定数以上ないと、株主総会が開けないなどの支障が
出る場合もありますので。よかったら返送してあげてください。

 

このため、僕は特別事業に対して興味がない会社であっても、

権利確定日まで持った会社の議決権については、

賛に丸を入れて送り返すようにはしています。

 

まぁ、誰が見ているわけでもないですけど、

ちょっとした気遣いくらいは、しとこうかなという気分です。

やっぱり無視されるって辛いと思いますし。

 

そうして、株主としての役割を全うしてドヤ顔するんですけど、

後から届く決算報告書という形の決議内容に対して、

そもそも、すごく興味がある訳でもなく、賛成をしていたので、

ぶっちゃけ良くわからないなぁ、という思いを抱くんですよね。

 

結局、株主(笑)です。

 

 

まとめ

 

もの言わぬ株主