20代から投資と運用で幸せを目指すブログだよ!

貧乏学生の経験から、幸せなお金持ちを目指す20代のサラリーマン。 金融とITの仕事を主にしてます。タコ焼きが大好きな関西人。猫に嫌われることが特技です。

性別関係なく独り者が馬鹿にされる、そんな社会の風潮が許せない

f:id:assets20:20170717182042j:plain

(独りは正しくないけど、間違ってもない。)

 

 

現在進行形で、恋人と楽しい時を過ごしている方、

また、本当に好きな人と結婚された方は、多く居るでしょう。

一方で、現在は独り身の方々というのも、

大変多いのではないでしょうか。

 

そんな独り身である方々を馬鹿にする風潮が許せない

という思いを叫びたいと思います。

 

異性に抱く性的な魅力のうち、

容姿は先天的であり大変重要な役割を果たします。

もちろん社会的地位、財力や場を楽しませる技術といった、

後天的に身につけられる能力も魅力へ含まれます。

 

後天的なものは少なくとも努力で何とかなりますけど、

先天的なものについては難しいですよね。

 

 

独り身の方にも、友達や兄弟両親はおります

本音で話し合える親友がいれば、寂しくないかもしれません。

 

打ち込んでいる趣味があるかもしれません。

独りだったからこそ、好き、を徹底できたのかもしれません。

 

独りであることはそんなに悪いことでしょうか。

 

性的魅力が少しばかり足りない、とか

本音で話せる人が周りに居るから大丈夫、とか

今は好きなことに打ち込みたい、とか

あるんじゃないですか。

 

 

それに誰かと共に居るということは、

自由(時間、お金と精神)を分けなければいけません。

他人へ分けるだけの自由を持っていない場合も、

あるんじゃないですか。

 

だから独りじゃない方が、

独り身の方を馬鹿にするのは、おかしくないですか。

その人の理由や考え方を否定することって、人格や存在の否定ですよ。

でも、今の日本ってそういう風潮ありますよね。

 

社会が独り者を不利にする方向に動いている感じっていうか、

社会が独り者を虐めようとする方向に動いている感じ。

 

別に男性も、女性も独身でいても良いじゃないですか。

もちろん好きな人が居て、恋人を持って結婚しても良いじゃないですか。

どっちが悪いとか、正しいとかあるんですか?

ないじゃないですか、そんなの

 

もうね、独り者を馬鹿にする奴と社会が許せない、以上。

 

 

まとめ

 

愛に飢えた心の叫び