20代から投資と運用で幸せを目指すブログ

貧乏学生の経験から、幸せなお金持ちを目指す20代のサラリーマン。 金融とITの仕事を主にしてます。タコ焼きが大好きな関西人。猫に嫌われることが特技です。

下地は完成済み!あとは投資がお洒落ステータスになるだけだ!

f:id:assets20:20170722210745j:plain

「投資はファッションになれるか!?」

 

 

 

投資カテゴリのないキュレーションアプリたち

 

ニュースキュレーションアプリの中で代表的なものには、

ビジネスマン・知識階層の多いNewsPicks

若年~中年で男性ユーザーの多いSmartNews

若年~中年で女性ユーザーの多いGunosy等があります。

 

これらのキュレーションアプリには、

デフォルトでカテゴリ設定されておりまして、

例えばファッション、グルメ、エンタメやスポーツ等があります。

これらはアプリの上部でスクロールして選ぶことができます。

 

f:id:assets20:20170722211947p:plain

(Gunosyの通常画面)

 

f:id:assets20:20170722211912p:plain

(SmartNewsの通常画面)

 

しかしSmartNewsやGunosyには現在、

カテゴリ内に投資というものがありません

流石にNewsPicksくらいになると、

金融・マーケットというカテゴリがありますけどね。

 

つまりは、男女ともに若年~中年にかけては、

投資に興味がある方々が非常に少ないという訳です。

 

投資ブームがくる下地は充分にできているはずだ! 

 

でも世間を見渡すと、例えば48グループ等のアイドルが、

投資信託や個別株の売買を行っており、

ダイヤモンドZaiといった、株式雑誌に連載されています。

 

近年の国策においても、確定拠出年金・NISAに加えて、

iDecoや積立NISAの登場から、

より個人の積極的な資産運用が推奨されています。

 

通常の取引でさえ、ミニ株で1株から個別株を買えますし、

100円から投資信託を購入することができます。

あげくにはポイントで、投資信託を買える始末。

 

つまりちょうど今、

投資が流行になる手前の時期だと思うんです。

それでもなお、一大ブームが来ない理由としては、

 

 ① 投資は難しい

 ② 投資は頭の良い人が必ず勝つ

 ③ 投資家は40代以上の年齢層が多そう

 

という誤った認識が、根底にあるからだと思います。

まぁ、これも結局は幼少からの学校教育のせいですけどね。

 

例えば、悪いイメージが下記の様になれば、

投資の一大ムーブメントは巻き起こるでしょう。

なぜなら、下地は充分にできているのですから。

 

 ① 投資はお洒落で、ファッションステータスの一つ

 ② 投資はフランクで親しみやすい世界

 ③ 投資家は小学生がなりたい職業

 

まずは、投資をしていることがお洒落であるという、

共通イメージを持つところからだと思います。

 

投資が親しみやすい世界になったらこんな感じかな? 

 

さて、一大投資ブームが来た世間とは。

 

 男子高校生達が投資成績で競いあっても、違和感がなかったり。

 女子高生が学校の休み時間に、花王や資生堂のミニ株を売買していたり。

 女子大生がスタバで話題の一つに、株や投資信託の話をしていたり。

 

そんな世界があっても良いんじゃないでしょうか。

 

こうして、個々の金融リテラシーがずば抜けて高くなった日本は、

より一層、金融大国として成長できるのではないでしょうか!

 

 

☆☆ まとめ ☆☆

 

みんな投資家にな~れ!