20代から投資と運用で幸せを目指すブログ

貧乏学生の経験から、お金持ちを目指す20代のサラリーマン。 金融とITのお仕事してます。投資、資産運用、保険、貯金・節約を中心に、役立ちコラムを発信します。

8月14日からの日経平均株価を見ながら、投資戦略を考えよう!

f:id:assets20:20170819210311p:plain

 

8月14日~8月18日の日経平均株価のチャートです。

 

次に、主要なテクニカル指標を抽出してグラフにしています。

国債等の低リスク運用も、僕のブログの趣旨なので、

配当利回りと日本国債利回りも載せています。

太字・太枠が先週のデータです。

 

f:id:assets20:20170819210349p:plain

 

  

日経平均株価を見ながら市況を呟く 

 

週末終値で日経平均株価19,470円でPER13.77と、

割安水準に達しておりますね。

 

夏場で大口が居ないということもありますが、

上値を押さえつけている要因となっているのが、

やはり北朝鮮によるミサイル実験の問題

 

米領のグアム沖へミサイルを撃ち込む計画を発表してから、

金正恩とトランプとの警戒感が続いております。

 

「朝鮮半島での軍事的衝突を防ぐためには、

アメリカが先に正しい選択をして行動で示すべきだ」として、

アメリカの対北朝鮮政策を転換するよう求め、

「悲惨な運命のつらい時間を過ごしているアメリカの行動をもう少し見守る」

と、14日に金正恩は述べました。

つまりは、21日からの韓国との合同軍事演習を控えた、

トランプ政権の出方を見極める姿勢を示しています。

翌15日は株式市場がちょっとだけ好感、僅かに反発しました。

 

金正恩の挑発しながら後ずさる……、新しいですねw

 

まぁ、地政学リスクが続いていることに加えて、

米国ではトランプ政権の先行き不安問題が浮上。

 

米国株式が反落し、その日本株式も影響を受けています。

 

そして、週末スペインのバルセロナで起きた、ISIS関連のテロ行為。

空爆でISIS指導者を殺害したはずだったんですけどね……。

思想は残り続けているんでしょうか……。

もはや残党レベルの下火でしょうが、

地政学リスクとして株式市場へ僅かに織り込まれた結果となりました。

 

といっても、スペインは遠く離れた国なので、

日本が心配すべきなのは、北朝鮮の動向だけですけど。

 

 

来週からの投資・資産運用の戦略

 

国内株式は上値が押さえられており、様子見でも良いのですけれど、

割安なので好材料が出れば一気に上げてくる可能性も捨てきれません。

なので余力は残しつつも、サポートライン付近でグダっている銘柄を中心に、

短期売買をしても良いかもしれませんね。

 

加えて、これより別アセットクラスへの投資を始めます。

まずは、出遅れた感ありますけど仮想通貨。

取引所ウォレットを使用するので、失っても良いレベルで10万円だけ。

BTC、ETH、LSK、REP、FCTおよびXEMあたりが狙い。

サポートライン付近での押し目買いによる積み立てを始めようかな、と。

 

他は、出資金としてクラウドクレジットを利用します。

ドル円で110円を切り始めてきたので、そろそろ良いかな、という感じ。

 

出資するファンドはもちろん事業性ファンドです。

個人向けのファンドはいくら小口化しているとはいえ、

デフォルトリスク(貸し倒れ)が大きすぎます……。

 

あとは、SBI証券でウェルスナビとTHEOの口座も開設したので、

最低投資金額で資産運用をし始めようかと思います。

 

それでは、今週も頑張っていきましょう!

 

☆☆ まとめ ☆☆

 

夏枯れ持続……。

 

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット